損であるか得であるか

不動産会社に物件売買を委託するメリット

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

ハイリスクハイリターン?

物件を売買するとなると、様々な手続きを踏むことになります。 その手助けをしてくれるのが我らの不動産屋さんです! 法的な手続きであったり、必要書類を手配してくれます。 大抵の人ならばめったに経験しないものですから、不安になるものです。 不動産会社がどれだけありがたい存在か、びっくりすると思いますよ。

面倒な手続きはおまかせ!

このサイトでは、個人で物件を売買したときと、不動産会社に委託したときを比較して、いかに委託するほうがメリットが大きいかを強調しています。
取引を行う中で、自分で全て取り仕切って、なにも問題が起きず、すべてそつなくこなし続け、また肉体的、精神的疲労感が無ければ、個人で不動産売買をし続けるのがベストなのかもしれませんが、普通の人には不可能だと感じました。
手続きにおいても、人間、業者、時間の管理、トラブルの解決などすべて1人で解決できるような気がしません。
そもそも個人では回しきれない仕事であるから、不動産会社が全体で取り組んでいるのに、それを個人でやってのけようという考えが驚きです。
そこまでお金にこだわって、かたくなに個人でやる必要性は感じませんでした。
なぜなら、負担が大きすぎてデメリットばかりに目がいってしまい、見合うだけのメリットを見つけられなかったからです。
労力の割にはそれほど見返りもなく、また何か起きたときの対処が大変であるので、ハイリスクローリターンだと思いました。

もし物件でお悩みの方で、不動産会社への出費を渋っている方がいたら、迷わず不動産会社にいくことをおすすめします。
世の中には適材適所があって、その道のプロフェッショナルがいます。
まずは話を聞いてからでも良いと思います。
徹底的に個人での不動産取引を悪者にしているようですが、別に嫌いなわけではなく、ただリスクが高いということを伝えたいのと、不動産会社に頼むことのメリットが大きいということを伝えたいだけです。
他のページを見てくださったのなら、私の言い分を理解してくださると思っています。

おすすめリンク

スケジュール管理役

不動産会社と契約をし、取引が開始してからは、建築関係や銀行、役所など様々な会社が関係してきますから、非常に混雑してきます。 また綿密なスケジュールの元行われるため、想像を超えるほど忙しくなるようです。 もしこれを個人で行うことを考えれば、ゾッとしませんか?

間を取り持つ仲介人

ケンカが勃発した際には、間に割って入ってなだめる人、仲裁人がいると穏やかに収まるケースが多いですよね。 これは物件に関しても例外ではなく、もしなんらかのトラブルがあったとき、間を取り持ってくれます。 不動産会社は、売り側と買い側の橋渡し役となっているのです。